SSブログ

20.3.8 玉砕でした・・・orz [釣り]

昨日は所用で高速道路で1時間ちょっとかかる2つ隣の市まで2往復してきました。釣り場を2往復と考えると近いですが、家の用事となれば遠く感じるのが不思議です。まあ、金はないけど暇は有るとなれば、用事を頼まれる確率は高くなりますよね(^_^;)

話は変わりますが、今週末は天気が良いので、日曜日の今日釣りに行こうと決めてました。でも、丁度早朝にかけて下げ潮なのであまり期待はしてませんでしたが、そう思ってもやはり釣りしたいのが本音ですよね・・・。

取りあえず早朝、男鹿北側の堤防目指して車を走らせ、釣りを開始しましたが全くアタリがありません。

3028turi.jpg

天気は良いのですが潮位が低く濁りもあり、しかも穏やかすぎます。テトラを降りたり登ったりして堤防の縁を探ってず~っと歩きましたが、時折何かの小さい反応があるだけで釣れる気配がありません。

しかしやっとアタリらしい反応があり、念願の根魚を釣る事が出来ました。

3028turi2.jpg

20㎝弱のムラソイですが、朝日に光る魚体が綺麗です。

この後は何をどうしてもアタリが出ないので、家で豆から挽いてきたコーヒーを飲みながら釣り場のマッタリとした雰囲気を味わってました。こんな感じも良いものですね(^_^)

3028turi3.jpg

この後は釣り人も何人か現れましたが、すぐに場所替えをしたり、魚を諦めてワカメ取に切り替える人など様々でした。

自分は再度下のテトラに降りたりいろいろと試しましたが、微妙なアタリが2~3回あっただけでした。ワカメ採取に切り替えた釣り人とも話しましたが、今日(午前中)はダメですね!との結論となり撤収することにしました。何と諦めが早いこと・・・(^_^;)

そんなわけで今日はお土産がないので、帰りに大好きなあんごま餅を買い、ひとつを実家に届けながら帰路に着きました。

3028turi5.jpg

14切れ入って630円ですが、このあんごま餅の方が魚より良かったと言われました。微妙な感じでしたが、喜ばれて何よりです・・・(^_^;)
nice!(54)  コメント(8) 

2020 初釣行はやはりボウズ&その後のしょうちゃん4 [釣り]

釣りは厳しいと思いながらも行ってしまいました・・・。
今日は何も予定が無い日で天気が良く微風。前日までの悪天候で海は濁り、釣れないのは分かっていたのですが、そこは釣り人の性でしょうか(^_^;)

たまたま、師匠とも情報交換していてお付き合いして頂きました。途中、道の駅に寄りましたが、そこから見える海はまっ茶色です。これではいくらテトラでも無理だよな~と思いながらも現地に到着して釣りを開始しました。

2022turi.jpg

天候は今の時期としては気持ちの良いほどで、持参したコーヒーの美味しいこと!
しかし、釣り竿に全く反応はなく諦めていたら、やっとアタリがありました。でも、残念ながらハリス切れです。怪しいアタリでしたが魚だと思い込むことに(^_^;)

この後師匠と合流し、しばしテトラを探りましたが無反応でした。しかし、師匠はカニを2度釣り上げてました。残念ながら上げる前に海へ落下してしまいましたが、さすが持ってますね~。
まあ、今日は新しいリールの試し釣りと言うことで、早めに切り上げて帰路につきました。

帰って荷物を下ろしているとしょうちゃんの飼い主さんが駆け寄ってきました。
何と、しょうちゃんが一時帰宅しているとのことです。「車の音を聞いたら外に出たがって仕方が無いのでちょっと連れてきて良いですか?」との事なので、もちろん「お願いします」と即答です。

2022turi2.jpg

元気でした。エリザベスで不便そうでしたが、いつもと変わらず撫でるとゴロゴロしていました。左足は根元から切断され、縫合の後が痛々しかったですが、浸出液も出なくなり経過は良好とのことです。
明日はまた病院へ戻るそうですが、数ヶ月後には自由に歩き回れるようになるみたいで一安心です。

とにかく良かった(^_^)v
nice!(55)  コメント(30) 

2019.12.17 竿納め(多分)は納得の釣果でした [釣り]

今日は完全な休みでしたが、以前の予報では午前中から雨との事で半分諦めていました。しかし予報もやや変わり午前中は釣りが出来る状態でした。

竿納めは去年はハタハタでしたが、今年は思いの外早くハタハタの群れが遠ざかってしまったとの情報で、今年は根魚にすることにしました。たまたま師匠とも予定が合うようだったので現地集合としましたが、前日師匠より「ここでは前日にハタハタも釣れてましたよ」というLINEに触発され、少し早めに出発して、まづめ前にハタハタも狙うことにしました。

現地に着くとお一人の方がハタハタ釣りをしていましたが、来てから10分程で5匹釣れたとのことでした。自分も仕掛けを投入するとすぐに1匹釣れましたが、やはり終盤なので後が続きません。
その合間に隣の釣り人と話をしていましたが、居住地を訪ねると〇〇から来たとの事です。そこには同級生が住んでいるので聞いてみるとよく知っているとのことでした。

しかし自分の同級生は、その釣り人の父親と同年代との事でした。ここで、自分も歳を取ったんだな~とあらためて実感です・・・。

その釣り人は十数匹釣ったところで「さびぐなったがら帰るす」(寒くなって来たから帰ります)との事で撤収しました。
しかし、自分はこれから本命の根魚釣りがあるので、ハタハタ仕掛けを片付けて根魚釣りへシフトです。

ハタハタはこの時点で結構釣れてもう少し粘ると結構な数が釣れたかと思われます。

191217turi.jpg

この頃丁度師匠から連絡が入り到着したとのことでした。いつもの場所で待ち合わせて釣り始めましたがなかなかアタリがありません。
そこで今回は狙う場所を変えて見ようと言う事になり違った場所へ移りました。

19117turi2.jpg

師匠は早速探り当て良型を釣り上げていました。自分もテトラの穴を見つけて真剣に?探っていきました。探っているとグッとアタリがあり、やっとムラソイゲット!
次に別の場所でまた当たりがあり引き上げているとラインが擦れて今度は痛恨のバラしです(>_<)
しかし、気を取り直してまた近くの場所を探っているとまた同じようなアタリがあり、今度は「釣り上げることが出来ました。

191217turi20.jpg

しかし、釣り上げたムラソイはさっきバラした魚で笑ってしまいました。その証拠に前の針ががっちりと刺さっていました。黒い編み糸を使っていたので間違いありません。逃がした魚が釣れると得した気分で嬉しいですね(^_^)v

しかし、後ろを振り返ると・・・

19117turi5.jpg

テトラの山です。ここを渡り歩いて穴を探って行くのですが、このような釣りをする場合は原則的に複数で行き、ライフジャケットやスパイクブーツは必需品です。まるでフィールドアスレチックのようで、本当に良い運動になります。

こんな感じで釣り歩いていましたがなかなかビッグサイズが釣れません。そこでちょっと上に上がって探っていると今日一番のアタリに遭遇です。

19117turi6.jpg

尺には及びませんが刺身サイズの立派なサイズでテンションも上がります!

師匠には及びませんが、この後もいくらか釣果を伸ばし納得のいく竿納めとなりました。

さて、今日の釣果は、

19117turi8.jpg

ハタハタが15匹、根魚(クロソイ・ムラソイ・クジメ)が20数匹でした。

帰ってから、魚の下処理をして実家にムラソイを少しお裾分けに行くと親父に「ハダハダ釣れねがったんだが?」(ハタハタは釣れなかったの?)と聞かれたので「少し釣れた」と話すと「食いてな」とぼそっと呟きました。

その時につい、「アブラコも食う?」(クジメも食べる?)と聞いてしまうと「んだな~」(そうだな~)と話すので下処理した魚を全部持って来ることにしました。

19117turi9.jpg

ハタハタは唐揚げ、クジメは煮付けにする予定で下処理をしてましたが、まあ仕方がないでしょう。美味しく食べてもらうことが嬉しいですからね(^^;)

しかし、大型のソイは明日にでも刺身と酒蒸しで一杯やる予定で冷蔵庫で寝てるので、ちょっと余裕です(^_^)v

まあ、こんな感じで今年の竿納めは無事に終了しましたが、来年も健康で釣りを楽しみたいと思っています。
nice!(65)  コメント(22) 

19.12.9 今年二度目のハタハタ釣り [釣り]

前回は急な用事で消化不良ぎみの釣りでしたが、本日は休日のためガッツリ着込んで深夜1時過ぎから釣りを開始しました。
今日はちょっと場所を変えてみましたが、車の中から釣り人のライトが確認出来て何故かホッとしました。数人の釣り人がいたので状況を聞いてみると、「自分達も今来たけど釣れてますよ」との事でした。
いつものように挨拶をしてやや左隣に釣り座を構えました。深夜の釣りなので近くに釣り人がいると安心しますね。

ある程度準備してきたので、すぐに仕掛けを落すと一発目で結構良い型の雌のハタハタが来ました!

前回は小さな雄が中心だったので嬉しかったですね。ちょうど群れに当たったのか、間を入れずに釣れ続け、1時間半後には小さなクーラーボックスが満タンになり、3時過ぎには持ってきたビニール袋も結構な数となりました。

やはりブリコは入った雌が釣れる確率が高いのは深夜なんですね。しかし、群れが離れてしまったのか急に釣れなくなり場所移動もしましたが、根掛かりで仕掛けをロストしてしまい、結局また同じ場所で釣る事にしました。

しかしたまに釣れるハタハタは雌が多く、今回は正確に数えたわけではありませんがトータルでは雌が多かったような気がします。

19129turi6.jpg

今回の釣りは、釣れたら実家、弟、いつもの同級生と行き先が決まっていました。
実家や弟には先日飲んだ時に予告した記憶があり外せませんね(^_^;)
午前2時43分に釣り場から、今日ハタハタ持って行くと弟にLINEしましたが、こんな時間に何も・・・と思わず苦笑いです。

また同級生は「ハタハタは貰えるから買わなくても良い」と家族に話しており、いつもプレッシャーがかかります(^_^;)
でも、釣れた魚で喜んで貰えるのは本当に嬉しいことですね。

こんな訳で、ある程度釣ったので日の出前に撤収することにしました。駐車スペースではこれから釣り始める方といろいろ話しましたが、帰る頃にもまだ十分釣れていたので良い釣果となったのではないかと思っています。ハタハタ釣りは日によって釣れる場所が違うので今回は本当にラッキーでした。

帰る頃、海の写真を撮ってると師匠より「滅茶苦茶冷え込んでますが釣れましたか?」と連絡がありました。行き先と時間帯は知らせていたのですが、師匠の気遣いにはいつも感謝しています。

その後家に帰り、残りのハタハタを小分けにして各家に配達して作業は終了しました。

今日は塩汁鍋と焼き魚で一杯です。
nice!(61)  コメント(12) 

19.12.6 今年初ハタハタ [釣り]

この時期はハタハタか根魚釣りかかなり迷いますが、波予想が4~3メートルです。これではテトラ釣りは危険なので、竿を出せる安全な場所でハタハタを狙うことにしました。

時間は前後しますが、波が落ち着いてきましたが帰る頃にもまだ海はこんな感じです。

19126turi2.jpg

夜明後に到着しましたが、結構釣り人で賑わっていました。しかし、休日ほどではないので、先行者に挨拶をして右側へ入れていただきました。

天気は悪く時々吹雪き、体感温度は氷点下ですかね。がっつり着込んできて良かったです。
さっそく仕掛けを投入すると一発目で見事な根掛かりでした(^_^;)
防寒手袋を外して、仕掛け交換しましたが何と冷えること!しかも釣れないし・・・。
なので、隣の方といろいろ話してましたが、自宅が車で10分以内で、年齢もさほど変わらずすぐに打ち解けてしまいました。

そんな感じで時間が過ぎて行きましたが、何故かポツポツと回りで釣れ始め「群れが回ってきましたね」と目で合図をして本気モードに突入です。
連続で2人とも釣れ始めこれは午後までやっていると軽くバッカン一杯だな・・・と思っている矢先に携帯電話が鳴りました。
予感は的中し、急遽午後〇時から勤務先へ行かねばならなくなりました。本当にorz

今日の釣果は、

19126turi.jpg

帰りに同級生宅へお裾分けしてきましたが、それを合わせるとちょうど50匹でした。割合は♂9・♀1割と言った案配で、ちょっと残念でしたが数から行けば納得の釣果でした。

今年初ハタハタですが、個体が小さいので塩焼き・煮付けで頂きました。

19126turi3.jpg

今回は冷酒で一杯ですが、やはり初物は美味しいですね(^^)
nice!(46)  コメント(8) 

こんな日は久しぶりかな・・・ [釣り]

最近は天候にも恵まれず、また天気が良くても予定があったりとなかなか釣りに行く機会に恵まれませんでした。また、来週からは釣りの機会がさらに制限されてしまうので天気予報とにらめっこしていましたが、今日は予定も無く絶好のチャンスでした。

日の出と同時に釣りをしたかったので、暗いうちに家を出発し丁度明るくなる頃に男鹿市の堤防へ到着です。一番乗りかと思いましたが、もう数人の方が竿を振っていました。

ちょっと分かりづらいですが、鳥が群れをなしています。また、堤防には誰かが餌に使ったであろうキビナゴ?も転がっていました。さっそく準備して仕掛けを落しましたがアタリもなく、いつものように師匠へ「生体反応がありません」と連絡すると「穏やか過ぎるんですかね」と返信があり、ちょっと諦め気味でしたが、ちょっと場所を変えて仕掛けを落すと、底を取る前にいきなりラインが走り、すぐに大きい!とわかりました。

仕掛けが切れないように慎重にやり取りをして上げてみると、ギリギリ尺サイズのクロソイでした。

191112turi2.jpg

一発目がこのサイズで嬉しかったですね。そしてまた同じ場所へ仕掛けを落すと今度はちょっとサイズアップのクロソイです。

191112turi3.jpg

この頃にはルアーマンの方も増え、お一人だけ某所で釣ってる方に丸々としたイナダが連続ヒットしていました。ちょっと羨ましく思えましたが、自分はひたすらテトラを探ってました。
するとクジメがヒットし、同じ場所で今度は良型のムラソイがヒットです。

191112turi4.jpg

今日は同じようなパターンで釣れる事が分かったので、移動しながら狙っているとこの場所で今日一番のアタリがありましたが根に潜られてしまいました。

強引に引き出すとラインが切れてしまうので、しばらく待っていると魚が動き出し何とか引きずり出す事が出来ました。

191112turi5.jpg

今日3匹目の尺オーバーです。早い時間でしたが、この時点で持ってきた餌が底をついてしまったので納竿することにしました。今日は活性も高くリリースサイズの小さなクロソイも結構釣れたので餌も早くなくなってしまいました。

今日は珍しく天気も良く帰り道も快適で、途中友人宅に立ち寄り、魚をお裾分けして帰路に着きました。さて、今日の釣果は、

191112turi7.jpg

クロソイ19匹、ムラソイ2匹、クジメ1匹と最近にしては良い釣果に恵まれました。今の時点で魚はだいたい捌き終わったので、後は今日と明日の晩酌の時間に合わせて刺身・焼き魚・煮付けか酒蒸しにする予定です。

今日も海の恵みに感謝ですm(_ _)m
nice!(64)  コメント(20) 

ハゼがメインでしたが・・・ [釣り]

今の時期、根魚にはちょっと早くキス釣りの道具は来年に備えて収納してしまいました。そこで一昨年から今の時期はハゼ釣りを始めたのですが、この釣りに関してはまだ初心者なので場所に迷います。数を釣るなら北方面、大きさを求めるならば南方面ですかね。

ハゼ釣りは道具が簡単なので、先日出かけたついでに男鹿方面でハゼ釣りをして来ました。記事には書きませんでしたが短時間で三十数匹の釣果に恵まれ、美味しいお酒を飲むことが出来ました。

191021turi6.jpg

唐揚げと天ぷらですが、ハゼはやはりこれですよね!

しかし、やはり今日は大きいハゼが釣りたい衝動に駆られ南側の堤防へ向ってしまいました。テトラがある堤防であれば、今回は根魚も狙わないと。

ルアーマンが多い中、自分は穴釣りスタートです。でも今日は早い段階で20㎝を越えるクジメやギンポが釣れてきました。釣れて良かったと思っていると、左側のルアーマンの型がサゴシを釣り上げていました。小型のサワラですが、自分も前は良く男鹿で釣ってたな~と懐かしく思いました。
そんな感じで探りながら進んでいくと、

191021turi2.jpg

25㎝にはやや届きませんでしたが、根魚の本命クロソイを釣る事が出来ました。型は別としてこの魚が釣れると嬉しいですね~。さっそく師匠に報告を入れて探っていくと、この後にまたクロソイ・カサゴなどを追加することが出来ました。

見ているとルアーの骨休みに穴釣りをしている人が何人かいましたが、自分は車に戻って竿と道具を変えてハゼ釣りに切り替えです。

191021turi3.jpg

場所を決めて竿を下ろすとギリギリ天ぷらサイズのハゼが2匹釣れてきました。今日はここでも数釣りが出来るかな・・・と持ったのもつかの間でその後はアタリすらありません。

それから数十分後やっとググッと来るアタリがありました。基本はキス釣りと一緒で投げて誘うという感じです。

191021turi4.jpg

20㎝を軽く越えるハゼでした。ハゼは群れている魚と聞いているので、同じ場所を探っても反応なし[あせあせ(飛び散る汗)]

今日はハゼ釣りの方が2人来ましたが、釣れないと見たのか意外と早く撤収して行きます。自分は餌も残り少ないので、もう少しで撤収するかと思い真正面に投げて引いてくると久しぶりに大きな当たりが有りました。

191021turi5.jpg

チビ黒鯛かななどと思いながら仕掛けを回収すると予想に反して滅多に釣れない大型ハゼです。この後20㎝を越えるハゼを2匹追加したところで280円分の餌も底をついたので撤収することにしました。メインはハゼでしたが7匹の貧果で撃沈してしまいました。でも大きさでカバーですかね(^_^;)

さて、今日の釣果は、小ぶりの根魚が多いですが、クロソイ・クジメ・カサゴ・ギンポ、

191021turi9.jpg

数は少なかったですがハゼ、

191021turi7.jpg

タイトル通りに五目達成です(^^)

根魚は最近刺身が多いので小さいハゼやギンポと一緒に煮付けて、サイズが大きいハゼはやはり刺身にしました。

191021turi8.jpg

今日も海の恵みに感謝です。
nice!(62)  コメント(18) 

数は出ませんでしたがハゼは良型でした [釣り]

天候も良く、午後から南側の堤防へハゼ釣りに出かけてきました。先に釣っている方がおりましたが、数が出ないとの事でまもなく撤収の準備を始めました。
でも、せっかく来たので自分は釣果を考えずに準備を開始です。

雰囲気は良いので、取りあえず3.6㎝の万能竿で出来る限り投げて見ました。そこからゆっくりさびいてかけ上がりで待っているとグンとアタリがありました。

191016turi2.jpg

引き上げるとゴミと一緒に20数㎝の良型が(^^)

これはイケると思ったのですが、なかなか数が出ず時々釣れる程度です。でも、型が良く時々釣れるのは殆どが20㎝越でした。

191016turi3.jpg

ハゼ釣りはマッタリしたこの雰囲気が良いんですよね。ちょうど正面にかけ上がりが有り(ゴミ多し)その辺に良型がいるようですが、根掛かりが多いですね・・・。

でも、24㎝弱を筆頭に12匹のハゼを釣る事が出来ました。

191016turi5.jpg

数は少なかったですが、良型が多かったので数匹を刺身にしました。ハゼはよく知られている魚ですが、スーパーでは見かけない魚なんですね。ハゼの刺身は新鮮でなければダメなのでこれは釣り人の特権です(^^)

191016turi6.jpg

残りはピカタにしました。このピカタは卵の黄身にパルメザンチーズを混ぜたものを絡めて、オリーブオイルで炒めてみました。

191016turi7.jpg

これをにケチャップと粗挽きトウガラシを混ぜたタレに付けて食べてみましたが、美味しかったです。普通はハゼは天ぷらが定番ですが、たまには変わった酒の肴もよいものですね。
nice!(48)  コメント(9) 

19.10.11 穴釣りだけの予定でしたが・・・ [釣り]

明日から我が県も天候が悪化するとの予報です。台風の進路に入っている都道府県は被害が最小限であることを願ってます。

そんなわけで、天候がまだ穏やかな早朝から男鹿の北側へ根魚狙いで出かけてきました。ここは往復100㎞あるので、妻には一応「ガソリン代がかかってすみません・・・」と声をかけて出発です。

現地に着くとちょうど日の出でしたがすでに3人の方が竿を振っていました。

191011turi.jpg

夜にアジを狙い、夜明け後にルアーでイナダを狙うようでした。自分はすぐにテトラへ仕掛けを投入です。すると程なくして竿がギュンとしなり確かな手応えです。

191011turi2.jpg

26㎝程のクロソイでした。昨日は荒れていましたが今日は6号の錘で底が取れる程で釣りやすい環境でした。やはり少し荒れている方が釣れる確率が高いのが根魚なんですね。
案の定、この後はアタリがなく、釣れてもリリースサイズのマイクロサイズでした。
ルアーの方は近くでちょうどイナダを釣り上げていました。何と羨ましいこと・・・。

しかし、釣り物が違うので自分はテトラへ降りて隙間を狙って行きましたが、水温がまだ高いせいか、フグやシマダイに悩まされ疲れだけがたまって行く感じです(-_-)

そんな時に独特のトルクが有り念願の根魚(ムラソイ)釣る事が出来ました。

191011turi10.jpg

サイズはイマイチですが嬉しかったですね~(^^)
この後、ムラソイを1匹追加してから、久しぶりに持ってきたデジカメをライフジャケットにホルダーで固定してテトラを渡り歩いて行きました。
こんな時に限って釣れないんだよな~なんて考えながら、ちょっと難儀な場所へ仕掛けを投入すると思った以上に穴が深くすぐに反応がありました。



ちょっと分かりにくい動画になってしまいましたが、穴釣りはテトラを渡り歩きこんな感じで根魚を狙うので結構な運動量になります。釣れたのは本命のクロソイでした。

191011turi4.jpg

サイズは22~3㎝位でしたが、今の時期にしては十分な大きさです。この時点で堤防の終点まで来てしまったので後片付けをし帰りがけに他の釣り人と色々と情報交換をしました。
このルアーマンの方はアオリイカが見えるのにエギを持ってこなかったと悔しがっていましたが、本命のイナダは数本釣れたので良かったと話してました。

帰るためにさらに堤防を歩いていると、今度はアオリイカを狙っている方と話しましたが足下には小魚(小アジやサバ)が見えたので、「これを狙ってアオリが来ないですか?」と聞いてみると姿が見えないとの事でした。
そこで「別の場所ではアオリが目視出来るみたいですよ」と話すと「ちょっと移動してみます」と言い、さっきの場所付近へ移動して行きました。釣れるといいですね。

これだけ小魚(アジ)がいるんだったらサビキでも持って来れば良かったな・・・なんて考えながら歩いているとチョイ投げでキス釣りをしている方がいたので立ち話していたら「なあんと、フグに仕掛け切られで釣りにならね」と話してましたが、バケツにはキスがしっかりと入っていました。

そこで「アジは釣れないすか?」と聞くと「サバばっかしでだめだ」との事でした。でも、キスが釣れるのか・・・と思い、車に積んでいる万能竿と束売りしている万能投げ仕掛けを持って来てちょっと投げて見ることにしました。

191011turi13.jpg

この竿はハタハタやウマヅラハギ釣りに活躍する万能竿ですが、車に積んでいて良かったです(^^)
さっそく余った青イソメを付けて投げて見ると、独特のキスのアタリを感じることが出来ました。

191011turi7.jpg

立派なキスじゃないですか!これは期待できるかなと思ったのもつかの間で、やはりフグにハリスを切られたり、引いてくる途中にサバが掛かり何度リリースしたことか(-_-)
でも、途中で考えが変わり、キスと一緒にガーリックソテーにしたら美味しいかなと思いサバを持ち帰ることにしました。

たまに小アジも釣れ、童心に返った釣りみたいで本当に楽しかったです(^^)

さて、今日の釣果は、

191011turi8.jpg

クロソイ2匹、ムラソイ2匹、

191011turi9.jpg

キス・サバ・アジが数十匹の釣果に恵まれました。これで晩酌は万全ですね(^_^)v

もちろん、オリーブオイルのニンニク揚げです。

191011turi14.jpg

この料理は小サバもいけますね!

追記:10.12
釣ったソイは冷蔵庫で寝かせて今日刺身と捌いたソイも勿体ないのでアラ汁にしてみました。

191012turi15.jpg

釣ったばかりの刺身もコリコリして美味しいのですが、寝かせた刺身ももっちりしていつもと違う食感でした。
もちろん皮も湯引きしてポン酢で食べましたが、これも食感が最高でした。

アラは熱湯処理してから、水・酒・昆布を一煮立ちした鍋に投入し味噌を溶きましたがソイの出汁が効いて良い味でした。せっかく釣った魚ですから有り難く頂きました。
nice!(58)  コメント(15) 

19.10.7 午後からフラッと出かけて来ました [釣り]

昨日の日曜日は天気が良く、玄関先で用事を足していると彼女がやってきました。いつもと変わらない様子でしたが、やはり半外猫なので、外の異変にはかなり敏感です。



耳はほぼ聞こえないと聞いていましたが、振動には敏感な様子です。途中で警戒心がかなり強くなり、しばらく険しい顔つきでしたが、自分なりに安心したようでいつもの「しょうちゃん」にもどりました。

その後、最近手入れが行き届いていない庭で日向ぼっこをしていましたが、道路方面が気になるようで落ち着きません。



ここは自分の縄張りだと思っているのか、他の猫が入ってこないよう神経を尖らせているようにも思いますが、生き抜くというのはなかなか大変だと感じた次第です(^_^;)

ところで今日は午前中に色々と所用が有りましたが、午後から海も穏やかそうだったのでフラッと南方面の堤防へ出かけてきました。半分ドライブ気分だったので、簡単な穴釣りとハゼ釣りの道具を積んで車を走らせました。

現地では多少風があるものの海は穏やかで、キス釣りもいける感じでした。

19107turi.jpg

平日にもかかわらず釣り人も結構おり、今回は女性釣り師の姿も目立ってました。自分はいつものタックルでここからスタートです。最初はアタリもありませんでしたが、10分くらい経った所で軽いアタリがあり、釣り上げると20㎝弱のクジメでした。サイズは別として今シーズン初めての根魚だったので嬉しかったです。

その後アタリはあるものの、針にはかからないという事が何度かありましたが、丁寧に探っていくと強烈なアタリに遭遇しました。

感覚からしてデカいクジメかな?と思いながらバラさないように魚を上げると、

19107turi1.jpg

結構良いサイズのアイナメでした。刺身が美味しい魚なのでこの後も期待しましたが根魚は結局ノーフィッシュでした。

この後、ハゼ釣りをしようと思いハゼ釣り師に様子を伺うと、「どうもハゼは移動してしまったようでサッパリ釣れなくなった」との事です。見ていると苦戦している感じでした。しかし、せっかくなので自分も投げたり落したりして探ってみましたが、全く当たりも無く短時間で降参してしまいました(^_^;)

まあ、今日は思わぬ魚が釣れたのでそんな気分だったのでしょう・・・。

さて今日の釣果は、釣った時は25㎝くらいと思ってましたが、一応計ってみると尺近かったアイナメとクジメの2匹でした。数には恵まれませんでしたが、シーズン初根魚釣りでボウズにならず良かったです。

釣った魚は刺身の予定でしたがカルパッチョになってしまいました。

19107turi3.jpg

男料理ですから相変わらず見栄えが悪いですが、美味しく頂いてます(^^)
nice!(45)  コメント(8)