So-net無料ブログ作成
ひとりごと ブログトップ
前の10件 | -

柿の葉拾い&回らない回転寿司 [ひとりごと]

初雪も降り、いよいよ冬到来です。今年は庭の柿もいつになくたくさん実り300個以上は収穫しました。まだ高いところに実は付いてますが、これは鳥の餌となります。

191117niwa2.jpg

200個ほどは実家に持っていきましたが、殆どは干し柿になり、残りはヘタに焼酎を付けて渋抜きをしていました。残りは自宅で渋抜きをしてご近所や友人宅へお裾分けしました。最近の強風でこの柿の葉がご近所に落ちてご迷惑もかけていますので・・・(^_^;)

191117niwa3.jpg

柿の葉はこの様に風で飛ばされてあちこちに散らばっているので、これを集めて捨てる作業を数週間前から時間を見つけて行っています。実がなるのは嬉しいですが、柿の木はこの作業もあるので少し難儀です。

話は変わりますが、最近CMでは「は〇寿司」のウニ祭りを盛んに放映しています。比較的近いので行ってみようということになり、ネットで予約して行ってきました。

回転寿司と言えば数週間前に出かけたついでに「ス〇ロー」へ行こうと言う事になりましたが、間違って「く〇寿司」に入ってしまいました。でも、まあ、いいかと思い十分くらい待って席に着きましたが、この店はうるさくて高齢者向きではないかもです。

「く〇寿司」は食べた皿を投入口へ入れる仕組みでテーブルはすっきりしますが、入れる音があちこちでガチャガチャ聞こえ、また頻繁に聞こえるブザーの音がうるさくて落ち着きませんでした。でも、皿5枚を投入するとゲームが出来て、当たるとガチャポンが貰えるので親子連れには最高かも入れませんね。
※あくまでも個人の感想ですので誤解の無いようにm(_ _)m

で、今日は目的の「は〇寿司」でしたが、最初にうに祭りというので「うにつつみ」注文です。

191117niwa4.jpg

CMとは見た目が違いますが、普通に美味しくいただきました。回転寿司と言えば寿司がテーブルを回っているイメージですが、最近は回転させず注文のみとしている店が多いみたいですね。ここもそうです。

たまたま朝の番組で、東日本大震災で回転テーブルが壊れて注文のみで店を再開させた回転寿司屋さんを取り上げていましたが、売り上げも変わらず、注文のみの方が渇いた寿司を捨てる食品ロスが無くなったとの事でした。
さらに回転させる寿司の準備もなくなり、かえってコストも削減されて店舗数も増えたと報道していました。なるほどな~と思って番組を観てました。

まあ、回転寿司は寿司を握るのではなくネタを乗せるだけの寿司なので出てくるのが早いのは有り難いですが、その代わり結構形の崩れはあります。そこは値段を考えると仕方がない事ですね。

で、いつも最後に何を注文するか迷いますが、今日は昨年行った江ノ島の生しらすが頭を過ぎり、生しらす軍艦を注文です。

191117niwa10.jpg

ここではもちろん湘南のような取れたての生しらすではなく冷凍しらすなのは分かりきっていますが、思い出して美味しく頂きましたm(_ _)m

最近は歳とともにあまり食べられなくなり、夫婦2.000円で十分おつりが来る感じです。前の方は1人で3.000円近くの会計でしたが、さすが若いと違うな~と感心してしまいました。
nice!(51)  コメント(11) 

当分の間・・・ [ひとりごと]

いつも当ブログにご訪問いただき有り難うございます。
事情により更新が滞っておりますが、再開できるようになりましたらその時はまたよろしくお願い致しますm(_ _)m
nice!(31) 

久しぶりに実家で昼飲み、そして次の日は・・・ [ひとりごと]

最近は時間を持てあましてるせいか実家に行く機会が多くなりました。金曜日に親父と息子が勤務する関係の〇〇式に出席した帰り、急に弟を誘って3人で焼き肉を食べに行きたいと話してきました。言い出したら聞かない親父なのですぐに弟と連絡を取り、結局店は混んでいるので、土曜日の昼から実家でやろうと言うことになりました。

全員集まるのは正月くらいなので珍しいですね。母親を乗せて焼き肉の具材を買い、家からザイグルを持ち込み昼飲みを開始しましたが、缶ビールを数本飲んだ後で親父が珍しいグラスがあるから使おうと箱から出してきました。
見るとイギリス製の細長いグラスで何に使うグラスなのかは分かりませんが取りあえず使ってみました。

yakiniku.jpg

形からして決して使い勝手が良いとは思えませんでしたが意に反してこれが不思議と飲みやすく、酒がグイグイと進んでしまいました。
結果、弟と2人でビールをかなり、ワイン一本ずつは飲んだのではないかと思われます(^_^;)
昼酒は酔っ払うと言いますが、この日は酔いが回らず不思議でした。グラス効果なのでしょうか・・・。

このくらい飲むと大抵は二日酔いになるのですが不思議と朝は大丈夫でした。しかし布団の中でグダグダしていると、家内に某所へ送ってほしいと言われ渋々起き上がり、急いで整容し送り届けました。

この後、家の前で洗車していると上の方からフニャフニャと猫の鳴き声がしました。そして声の方に顔を上げると・・・

yakiniku1.jpg

しょうちゃんが木登りしています。やっぱり猫なんだな~と当たり前の事を思ったりしながら洗車し、この後はタイヤ交換に取りかかりました。
そしてタイヤを包んでいたビニール袋を風で飛ばないように室外機の隙間に押し込んで作業していると、ガザ!と大きな音が・・・

yakiniku3.jpg

見るとしょうちゃんが上からダイブです。さすが猫(笑)
今日は作業している時間が長かったのであまりスキンシップ出来ませんでしたが、こうして来て来てくれるだけで「しょうちゃん」には癒やされます。
ありがとう、しょうちゃんm(_ _)m
nice!(51)  コメント(11) 

いろいろな思いが駆け巡る休日でした [ひとりごと]

昨年の今頃、東京に住む親族の異変に気が付き、いろいろと連絡を取ったのですが結局亡くなってしまいました。

般若心経を毎日唱えていたと聞いていたので、本当の菩薩になったんでしょう。

2000年当時、彼女は住み込みの仕事で家を空ける事が多く、その間東京で研修があり一週間泊まったことがありました。仕事先は近所だったので、そこへ出かけて一緒に食事をした事も懐かしく思います。

19120.jpg

これは2000年当時に彼女の部屋の窓から撮った風景ですが、昨年はこんな風に変わってました。

191201.jpg

一週間、上野駅近くのホテルから歩いてここに通っていろいろな手続きや整理をしていましたが、この窓から見える風景は忘れることが出来ません。4年前に一家で訪れた時、一人暮らしを始める息子にこの風景を見ながらいろいろ話した事も思い出します。

もう数日で一周忌を迎えますが、事情もあり特別な事は出来ないので気持ちだけの事を家で行う予定です。

話は飛びますが、先週末に遊びに来たしょうちゃんは誰かの足音が聞こえると柱の陰に隠れ、

191204.jpg

「家政婦は見た!」状態です(笑)

191208.jpg

あんたは話題の大女優みたいだね~と話しかけると分かっているかのようにこの仕草でした(^^;)
nice!(48)  コメント(10) 

事情により年末年始のご挨拶は失礼させていただきます。 [ひとりごと]

今年もたくさんのご訪問やメッセージを頂き本当にありがとうございましたm(_ _)m

1月、親族の不幸がありましたがその後は気を取り直し、趣味や仕事に没頭?してきました。
しかしちょと行き詰まっている事もあり愚痴っぽい記事も多くなってしまいましたが、お付き合い下さって本当に感謝しています。

来年もブログのタイトル通り、趣味の釣りや日常、たまに愚痴をこぼすことも多々あると思いますが、変わらぬお付き合いの程よろしくお願いいたします。

皆様のご健勝とご多幸をお祈りいたしまして、今年最期の記事とさせていただきます。
nice!(51) 

18.11.28 通院だけのはずでしたが・・・ [ひとりごと]

代休や有給も完全に消化できる状態ではないのですが、今日はどうしても通院したい事情があり、色々ありましたが何とか有給を取ることが出来ました(^_^;)
でもせっかくの有給なので悪天候でしたが通院前にドライブがてらちょっとだけ出撃することにし、早朝6時頃から1時間半ほど男鹿市北側の堤防で竿を出してみました。道具も簡単で気軽に釣り出来るのが穴釣りの魅力ですね!

まあ、車を運転しているだけで気が晴れるので釣果はあまり期待してませんでした。現地までは50分程で到着しましたが、何と途中で師匠からLINEが入りすでに出撃していました。
前日にいろいろと連絡を取り合っていたので来てくれたのだと思いますm(_ _)m

海は濁りが入っていて芳しくない状況でしたが、期待してしまうのが釣り人の性なんですね(^_^;)
お互い用事があり短期決戦でしたが、アタリが微妙にあるくらいで本アタリがありません。
しかし、釣りも終盤になった午前7時頃竿やっとアタリに恵まれました。

181128turi.jpg

狙っていたクロソイではありませんでしたが、小ぶりながらも20㎝を越えるムラソイです。自分に釣れたのはこれ1匹でしたが、お互い予定があったので午前7時半前に撤収することにしました。

平日なのでやや混んでいましたが、自宅へ戻った後急いで準備をして定期通院している病院へ向かい診察を終えたのが午前11時過ぎでした。良い医師で本当に有り難いと思っています。

その後、最近東京から帰って来た友人へ連絡したところ、某所へ雨の中バスで向かうというので送っていくことになり、友人が手続きを終えたのは昼過ぎでした。でも、自分もいずれ同じ手続きをする可能性があるので流れがよく分かり勉強になりました。

この頃腹も空いていたので近くのファミレスで遅い昼食を摂り、友人を自宅へ送りそのままお邪魔することにしましたが、何と・・・

181128tur3.jpg

この電話が現役で使われていました。この電話は自分が高校当時から変わっていません。時間が逆戻りしたようで本当に懐かしく思いました。
話は弾み今回もいろいろと話をしていましたが、仕事関係の電話が何件かありご迷惑をかけてしまいました。こんな感じで時間も午後5時を過ぎたのでまたの再開を約束し帰路に着きました。

家に帰ってから貴重な1匹の調理しましたが、今回は塩焼きで一杯やることにしました。平日なのであまり飲めませんでしたが、久しぶりの塩焼きだったので美味かったです(^_^)
nice!(44)  コメント(16) 

久しぶりに感動した映画「ボヘミアン・ラプソディ」 [ひとりごと]

中高年の戯言になります。
現在はデジタル全盛期ですが自分が音楽を聴き始めた頃はラジカセやレコードが主流のアナログ時代でした。自分の場合、中学時代から聞きはじめた日本放送の深夜ラジオ番組「コッキーポップ」が大好きでした。

この番組は「黙っていれば友達になれない、叫ばなければ消え去ってしまう私たちが生まれてきた時から育ててきた何かを伝えあうために、ちぎれかけた世界の心と心を繋ぎ合うために、私たちの歌が今ここにある」 という大石吾朗のナレーションで始まる音楽番組でしたが、思い出すと懐かしい・・・。

「中島みゆき」「谷山浩子」「長渕剛」などこの番組から生まれたミュージシャンは数知れません。しかし「アラジン」というミュージシャンが出て来た頃から何故かこの番組から離れてしまいました。

平行してデビュー当時からの山下達郎、「レッド・ツェッペリン」や「クイーン」などロックも良く聴いており、今はオーディオセットがが無いので聴くことが出来ないレコードもかなりあります。気に入った曲などはダウンロードして車で聴いていますが、なかなかこの頃の世界から抜け出すことが出来ず、新しいミュージシャンには馴染めない老人になりつつあります(^^;)

2014年にNHKのSONGSで放映された「レッド・ツェッペリン4人の絆・天国への階段~」は録画して時々観ていますが飽きませんね~。そして今夜はこの番組で「クイーン」が放映されます(^_^)

それはそうとして、先週の日曜日に映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観てきました。映画は勤務先からの電話がいつかかってくるかが気になってほとんど観に行かないのですが、最近プツッと吹っ切れたのをキッカケに気にしないで出かけてきました。

QUEEN.JPG

この映画はクイーンのボーカリスト「フレディ・マーキュリー」の生涯に焦点を当てた映画です。興味があったので伝記感覚で観に行ったのですが、本当にフレディの人生が凝縮された内容で、最後のライブ・エイドの場面では自分でも不思議なくらいウルッとくる程でした。

俳優もメンバーそっくりで驚くほどでした。フレディ・マーキュリー役のラミ・マレックはかなり努力されたと思いますが、仕草に全く違和感がなく、まるで本当のフレディーのようで完成された映画だと思います。

また、「ボヘミアン・ラプソディ」のレコーディング場面で、音声の重ね録り手法がリアルに再現されていましたが、「山下達郎」の多重録音が頭に浮かんで来ました。

話がそれましたが、その日に急にクイーンが聴きたくなりYouTubeを検索してましたが、結局ポチッとやってしまいました!

QUEEN2.JPG

今日は友人の両親が有料老人ホームへ入所するとのことで備品の下見へ一緒に行ってきましたが、その帰りにも聴きながら帰ってきたところです。ある方のブログへも書き込みしましたが、しばらくはクイーン病が続くかもしれません(^^;)

追記
記事を書いた後、庭の柿の葉の掃除をしていたら「しょうちゃん」がお手伝いに来ました。でも、自分は柿の葉っぱの掃除が忙しかったのであまり遊んでやれなかったのが不満らしくこの表情です。

181117syou.jpg

すまないね、しょうちゃん。掃除が終わった後少し遊んで家に入ろうとしたら、「しょうちゃん」も家に入ろうと頑張ってます(^^;)

隙あらばと言った感じでなかなかドアが絞められませんでしたが、申し訳ないと思いながら最後は何とかドアを閉めることが出来ました。毎日こんな感じなのでしばらく家にでは猫は飼えませんね・・・。ありがとう、しょうちゃん。
nice!(51)  コメント(21) 

後悔・・・ [ひとりごと]

1月に亡くなった親族の自然葬(納骨)を5月に行いましたが、この墓銘碑にままだ名前がありませんでした。そこで名前が刻まれたであろう頃なのでお参りしてきました。
隣県のため高速道路で早朝から出かけてきましたが、曇り空で霧雨っぽい天気でした。でも着いた頃には青空に変わってました。
すぐに墓銘碑を確認すると最後に名前がしっかりと刻まれていました。

18714ko2.jpg

お寺の職員の方といろいろ話をした後、持参した花を供えて眠っている3㎞先の奥山とこの墓銘碑に手を合わせました。

18714ko3.jpg

この人に関してはいろいろと後悔することがあり、もしかしてこのような結末にはならなかったかもしれないと思う事もあります。また、残してくれた遺品から多くのことも学びました。
亡くなってしまった後ではありますが、今後は自分なりに考え、出来ることは何でもしたいと思っています。

ここは以前にも書いた通り本当に自然が豊かで、自分も将来埋葬されるならこんな場所が良いな、などと考えてしまいます(実際は無理でしょうけど・・・)

気がつくと野原を猫が通り過ぎていきましたが、交通事故で亡くなってしまった以前飼っていた猫にそっくりでした。

18714ko.jpg

nice!(28)  コメント(8) 

特に変わった事は無かった日でしたが・・・ [ひとりごと]

連日大雨が報道がされていますが、特に西日本の被害は甚大で被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。

自分の所は時折雨が強かったものの被害はなく、ちょっと外出したくらいで家で過ごしてました。晴れ間を見て、隣家に出てしまった庭の枝切りなどをしていましたが、何分素人作業なので見た目は悲惨なもです・・・。
この後外出して帰ってきたらすぐに「しょうちゃん」が遊びに来ました。

ちょこんと座って愛猫の墓を見ていたかと思えば・・・

1808syou2.jpg

大きなあくびです。この後、いつものようにスキンシップしていると帰って来てる息子も庭に出てきましたが、初めての対面にもかかわらず撫でられていました。猫好きの人は直感でわかるんでしょうね。

息子が来てるので、前回はちょっと奮発して焼き肉を食べにい行きましたが家には「兵器」があるのを思いだして引っ張り出してきました。かなり前ですが通販で買ってしまった「ザイグル」です。

これを出すのは5年ぶりくらいでしょうか。存在自体を忘れていました(^_^;)
でも、ザイグルは煙が出ないので、家で焼き肉をする分には最適な器具ですが赤い赤外線なので、肉の焼け具合がわからないのが欠点ですね。

1808syou4.jpg

でも、「炙り」という調理法で油を使わず、肉から出た脂がトレイにたまる仕組みなので、ホットプレートと比べると、家庭で焼き物をする分には最適な調理器具だと思います。
しかし、次に使うのはいつだろうか・・・(^_^;)
nice!(37)  コメント(16) 

18.5.19 自然葬 [ひとりごと]

1月に亡くなった親族が生前から希望していた自然葬(正式名は違います)を行うために、一泊で出かけてきました。
前日の秋田は今の時期としてはかつてない大雨で心配してましたが、その場所はあまり影響がなかったとのことで予定通り執り行なうことになりました。
住職さんと待ち合わせた場所へ無事に到着し、ここにある本堂で簡素な葬儀が執り行なわれました。

18519hana.JPG

埋葬地には切り花以外の物は持ち込みは禁止なので、お預かりしたお供物などはここに納めていよいよ埋葬地へ出向きます。

18519hana2.JPG

あいにくの雨でしたが、この墓銘碑から3㎞先の山が墓地となっているので、途中まで住職さんの車で移動し、その後は歩いて山へ向かいました。

18519hana3.JPG

結構な急勾配で、しかも悪天候だったので長靴を履いて先導のお寺の方後をついて行きましたが、小川が流れ、鳥のさえずりも聞こえる本当に自然が豊かで良い場所でした。

周辺には先に埋葬された方の木々が丈夫に育っており、その一画に埋葬するための穴が準備されていました。そこへ、最初にお寺の方が遺骨を丁寧に入れ、最後に自分たちが遺骨を納めます。その後はお寺の方が持参してきた土をかぶせて埋葬自体は終了です。

18519hana21.JPG

埋葬が終わると持参した切り花を左右に供えてから墓標を打ち込み、最後にミヤマウグイスカグラを植えます。打ち込んだこの墓標はいずれは朽ちて自然に帰るそうです。
また分骨の手続きもしていたので、持参した手のひらサイズの骨壺に骨を納めましたが、こんな形の埋葬も素敵だなと心からそう思いました。

18519hana22.JPG

最後に住職さんがお経を唱へ、焼香し納骨は終了しました。表現が正しいのか分かりませんが、なにか清々しさを感じました。

すべて終了し、登ってきた山道を戻り住職さんの車でここの本堂まで送っていただきました。お参りは墓銘碑からする方も多いそうですが連絡すればいつでも住職さんが山中まで案内してくれるそうです。
住職さんはじめお寺の方には本当に感謝しかありません。

この後は予約していた旅館で一泊予定していたので、分骨した小さな骨壺をウエストポーチに納めて一緒にドライブしながら宿へ向かいました。

以前立ち寄った築200年になる古い酒屋さんがあり、ここで安くワインを買うことができます。もちろん種類は少ないですが、太っ腹の女将さんが今回も大負けしてくれたのでちょっと得した気分です(^^;)

この後は日本酒販売で有名な道の駅へ立ち寄ってみました。

18519hana8.JPG

試飲の日本酒がたくさんありましたが、自分は車の運転があるので同乗者が試飲するのを羨ましく眺めていました・・・(-_-)

最後は宿の近くにある薔薇園に立ち寄りました。薔薇園開催中とありましたが、まだ早かったようで薔薇よりもツツジが目立っていました。雨も激しくなってきたので、温室の薔薇を見学して宿へ向かうことにしました。
温室にはたくさんの薔薇があり、育てた方の名前と薔薇の品種が添えられ、そのご苦労が伝わってきます。

ここを後にしていよいよ宿泊地へ到着です
湯治場の温泉宿なので、一泊2食付きで一人6.500円と格安の宿です。もちろん部屋にはバスト入れなどはなくすべて共同です。でもここの温泉は掛け流しによって常に清潔できれいなお湯が保たれ、歴史深い名湯です。ちょっと熱めですが本当に良い温泉でした。

食事は部屋食でマツタケ狩り名人のご主人らしくマツタケの土瓶蒸しも添えてありました。

18519hana25.JPG

これで酒が進まないわけがないですね。お膳に座っている小さくなった人にあまり飲んじゃダメだよと言われているようでしたが、食事の後にもう一度温泉に浸かり、部屋でまた飲んでしまいました。当然、いつの間にか寝てしまい気がついたら朝でしたね(^^;)

それはそうとして、朝一で温泉に入った後に朝食を済ませてそのまま帰る予定でしたが、途中に有名な滝があるという事で立ち寄ってから帰ることにしました。

駐車場から近い吊り橋を渡って数分歩いたところが目的の滝ですが・・・

18519hana19.jpg

この立て札と鐘があちこちにありました。でもちょっと待てよ!
本当に熊が出たらやばいよな・・・と話しながら目的の場所へ到着しました。

18519hana20.JPG

釜のような滝で、ここは長い散策コースになっているようです。でも我々は時間の関係で散策はせずにこの場所を後にしました。ウエストポーチの中に居る人とはこうやってドライブした事もなかったので良いプチドライブとなりましたが、何となく落ち着いた感じです。
nice!(35)  コメント(14) 
前の10件 | - ひとりごと ブログトップ