SSブログ

2020 初釣行はやはりボウズ&その後のしょうちゃん4 [釣り]

釣りは厳しいと思いながらも行ってしまいました・・・。
今日は何も予定が無い日で天気が良く微風。前日までの悪天候で海は濁り、釣れないのは分かっていたのですが、そこは釣り人の性でしょうか(^_^;)

たまたま、師匠とも情報交換していてお付き合いして頂きました。途中、道の駅に寄りましたが、そこから見える海はまっ茶色です。これではいくらテトラでも無理だよな~と思いながらも現地に到着して釣りを開始しました。

2022turi.jpg

天候は今の時期としては気持ちの良いほどで、持参したコーヒーの美味しいこと!
しかし、釣り竿に全く反応はなく諦めていたら、やっとアタリがありました。でも、残念ながらハリス切れです。怪しいアタリでしたが魚だと思い込むことに(^_^;)

この後師匠と合流し、しばしテトラを探りましたが無反応でした。しかし、師匠はカニを2度釣り上げてました。残念ながら上げる前に海へ落下してしまいましたが、さすが持ってますね~。
まあ、今日は新しいリールの試し釣りと言うことで、早めに切り上げて帰路につきました。

帰って荷物を下ろしているとしょうちゃんの飼い主さんが駆け寄ってきました。
何と、しょうちゃんが一時帰宅しているとのことです。「車の音を聞いたら外に出たがって仕方が無いのでちょっと連れてきて良いですか?」との事なので、もちろん「お願いします」と即答です。

2022turi2.jpg

元気でした。エリザベスで不便そうでしたが、いつもと変わらず撫でるとゴロゴロしていました。左足は根元から切断され、縫合の後が痛々しかったですが、浸出液も出なくなり経過は良好とのことです。
明日はまた病院へ戻るそうですが、数ヶ月後には自由に歩き回れるようになるみたいで一安心です。

とにかく良かった(^_^)v
nice!(55)  コメント(30) 

日本は良くも悪くもお人好し・・・ [ひとりごと]

昨夜、おかしな夢を見ました。コロナウイルス関連のニュースを観ながら寝入ってしまったせいだと思いますが、日本に在住している外国国籍の方すべてを各国が自国へ一時避難させる事になり、国が右往左往しているという夢でした。
起きた寸前はある程度細かい部分まで覚えていたのですが、浅い夢はすぐに忘れてしまうんですね・・・。

最近は仕事時間も短くなり、昼休みはたっぷり取れるようになったので良く情報番組を観るようになりました。コロナのニュースが始まる前までは「ひるおび」を何となく観ていたのですが、ダイアモンドプリンセス号のコロナウイルス関連の報道を毎日これでもか!と取り上げるようになってからは、ひるおびMCの恵氏が日本政府の取り組みを非難する誘導報道が耳障りになり観なくなりました。

乗船客との電話のやり取りでも、船内がどんなに悲惨な状況であるかのように聞き出す手法にも嫌悪感を観じましたが、乗船客の方がその誘導に引っかからずに冷静に対応されていたのが救いでした。

思うに、他国はクルーズ船の入国を拒否し知らぬ存ぜぬの姿勢を通してますが、日本はイギリス船籍でアメリカ船会社のクルーズ船の入港を認め、懸命な人道的支援をしています。本来であれば船籍のある国や所有会社が全責任を負うのが当たり前ですが、各国は日本政府の非難を始めています。これは全くもっておかしいですよね。

船会社は費用の全額返還で誤魔化し、全責任を日本に押しつけています。本来はその義務はないのですが、お人好しの日本は寄港をを許可し検査キットもない中、懸命な支援を続けています。こと韓国や中国?に関しては、自国民が乗船しているにも関わらず、すべての責任は日本にあると言い放っています。

昼の報道番組はバラエティの位置づけなので仕方が無いですが、MCはただ批判的にギャーギャー騒ぎ、日本政府の対応が後手後手であると偏った方向へ誘導するのではなく、正確な情報も伝えなければならないのではと感じました。でも、国内感染が広がっているので、その点に関しては今後の対策をしっかりとやって欲しいと思います。

それとついでですが、辻元清美という議員は何なのだろう。彼女の前科はみそぎが済んでいるので割愛しますが、某公園疑惑には口を閉ざしておきながら。どの口が「鯛は頭から腐る」とか「前代未聞。情けない限り。私は歴代首相と議論し、はっきりものを言ってきたが、罵詈雑言ととったのは(安倍)首相1人だ」などと発することが出来るのでしょうか。

つい、「意味の無い質問だよ」とヤジを飛ばしてしまった首相の気持ちも理解できますかね・・・。
この点については、最後相手に品のない罵倒を浴びせて煽る手法を取った辻本清美氏に疑問を感じます。

若い憲法学者は、国会議員には国政調査権が有り、それに真摯に対応出来ない安倍首相に非があると解説し、総理に座を狙う自民党議員は、首相は野党に審議をお願いする側であり、どんな質問や態度にも敬意をはらわなければならず、ヤジを飛ばすなどもってのほか・・・などと野党を擁護していました。結局、安倍首相が冒頭に謝罪し、審議を継続すると言う結果に終わりましたが、気の毒に思います。

しかし国会議員は与野党関わらず、審議をして法律を作るのが第一の仕事であるはずです。安倍首相のイライラも限界に来たのではないかと思われます。

決して安倍首相の擁護派ではないですが、辻元清美氏の下品な罵倒質問や野党の姿勢を見ていると腐っているのはむしろ野党の方ではないかと。だから何が起きても極端に自民支持率が下がらないんですね。あの政権交代の悪夢は2度と経験したくないですから・・・。

※以上は個人的な意見ですので、認識の間違いについてはご勘弁くださいm(_ _)m
nice!(49)  コメント(9) 

その後のしょうちゃん3・・・ [猫]

目覚めて外を見ると天気予報が的中し、一面真っ白でした。

226yuki.jpg

でも、以前は毎日こんな感じだったので本当に今年は楽です。しかし、暖冬の影響での水不足による春以降の環境の変化、スキー場の閉鎖、除雪業者への影響など喜んでばかりはいられませんね。

今朝、車の雪寄せや家の周りの雪かきをしていると、しょうちゃんの飼い主さんが駆け寄ってきました。「ちょっと、大変、大変」と息を切らせて話しかけてきました。
「しょうちゃんに何かあったんですか」と話すと「そうなの」とちょっと興奮気味なので、よく話を聞くと・・・。

手術は成功し、当初は足の切断は回避されたと説明がありましたが、昨日に医師から術後の経過が悪く、やはり片足の切断は免れないと説明されたそうです。

しかも、A動物病院で使用した手術器具(外したボルト類?)は特殊な物で、外しても使用料がかかり、早く返さないとA動物病院から飼い主さんへ請求が来るので早く返した方が良いと渡された?そうです。再手術した病院も困惑気味だったそうですが、事実だとしてもこれに関しては全く理解できませんでしたね・・・。

でも再手術した病院から、3本足になっても猫は普通に歩くことが出来るので安心してくださいと説明されたそうです。

動物は痛みや症状を話すことが出来ないので動物病院に任せるしかないですが、保険がない分料金にも統一性が無く、悪い表現になりますがボッタクリも多いんでしょうね。飼い主さんはしょうちゃんを助けたい一心で必死に動いていましたが、今日の話し方には飼い主さんの無念さを感じました。

そんな話を長々としていると、近くで固まったように耳を澄ましている方がいましたが、飼い主さんはいろんな状況からその方の〇さんを疑っているようで、わざと聞こえるように話したんだろうと、想像がつきます。
自分は偶発的な事故にあった「しょうちゃん」の無事を考えるばかりで、何かの形で巻き込まれるのは勘弁して欲しいと思いながら話を聞いていました。(逃げの体勢ですみません・・・)

実際、最初に飼っていたうちの猫も

06080001.jpg

急に具合が悪くなり動物病院へ行って検査をしたところ、何か農薬的な毒物を口にしたのではないか(意図的に)と説明があり、怒りを感じた事もありました。なのでしょうちゃんの飼い主さんの気持ちは痛いほど分かりますが、蟠りが消えることを願うばかりです。

昔のように猫は自由に過してもらいたいと思う反面、某CMのように家から出してはいけないと考えるのも分かります。時代の流れなので仕方がない事ですね・・・。
nice!(55)  コメント(17) 

その後のしょうちゃん2・・・他 [猫]

先週の木曜日、しょうちゃんの飼い主さんがその後のしょうちゃんの様子を教えてくれました。しょうちゃんは市内のかかりつけ医の元で診察を受けた後、その紹介で別の動物病院へ転院し、再手術を受けたたそうです。

実際、手術をしてみるとA動物病院の手術は本当にいい加減で、骨を固定するボルトはゆるゆるで固定の意味が無いとの事でした。
そのボルトを外し、再固定などを行い手術は成功しましたがそこで朗報がありました。
何と足を切断しなくても良かったとの事です。障害は残るかもしれませんが、退院後には4本足で自由に歩けるとの事です。別の病院を紹介しくれたかかりつけ医にも感謝ですね。

それと飼い主さんが驚いたのはしょうちゃんは仮治療を受けて、紹介された病院へ行くために家に戻って一晩過したときの事です。普段はソファーなど好きな場所でくつろいでいる猫達(多分5~6匹)が、全員しょうちゃんの所に集まり、じっとしょうちゃんを見つめていたとの事でした。

自分が帰ってきて家に入ろうとした時に、小走りに家に来ていろいろとしょうちゃんの事を話してくれたのは、飼い主さんもよほど嬉しかったんだろうと思いました。
何はともあれ本当に良かったです(^^)

その2日後、昨年末に大腿骨骨折で入院していた身内が退院し、昼過ぎから退院祝いを行いました。

手術後の診断では、良くなっても松葉杖か車いす。しかもその病院はあくまでも救急病院であり、最低限のリハビリしか出来ないので、手術後にはリハビリ転院へ転院し専門的な治療が必要と説明されていました。そんなわけで長期戦になることを覚悟し、その後も対策もいろいろと考えていました。

しかし、入院から3週間後に救急病院側から、経過が順調でもう杖歩行が出来ているので転院しなくても自宅へ帰れるのでは?と説明されました。このようなケースはまれだとも。
その後、一週間ほどリハビリの様子を主治医が確認し、最終的に目標は達成されたので退院後の居住環境などの確認が行われ、退院許可が出されました。

しょうちゃんもそうですが、普通に歩けるという幸せをこれほど感じた事はありません。

この退院を受けて、ちょっと早いと思ったのですが本人達の意向を受けて午後から退院祝いをすることになりました。取りあえずその日の午前中に私の車で退院し、本人を家に送ってから、退院祝いの寿司やおつまみ等の買い出しをするため、弟と外に出ると弟が「兄(にい)ちょっとスゲー」と話しかけてきました。

2212.jpg

何と、見事な駐車ではありませんか(笑)
この標識には全く気づかず、見事な偶然です。でも、危ないところだったので、今度からはバックカメラをしっかりと確認しながらバックしないと・・・と思った次第です。


これから2時間後、身内やお世話になった方数人が集まり退院祝い(飲み会)が始まりましたが、午後1時から始まり、最後の方が午後5時頃に来てくれたので結局午後8~9時頃まで飲みっぱなしだったようです。
次の日に携帯を見て気づいたのですが、この写真を撮ってもらった事も全く記憶がありません(°0°)

22132.jpg

全く困ったものですが、まあ足(骨?)に関する心配事が解決したので本当に良かったです・・・(^_^;)
nice!(48)  コメント(8) 

その後のしょうちゃん・・・ [猫]

今朝、ゴミを捨てにいくと「しょうちゃん」の飼い主さんに会いましたが、状況を話しかけてきました。突然の事故でかかりつけの動物病院が休みだった為、とにかく開いているA動物病院へ連れて行ったとの事でした。
そこで検査の結果、骨盤が外れており、ボルトで固定する手術を行い、足を膝下から切断との診断だったようです。

飼い主さんは医療機関勤務の方で何匹もの猫の世話をしている方です。その動物病院への疑問を抱きながらも「しょうちゃん」を委ねていましたが、治療費は膨大に請求されつつ一向に良くならない状況にとうとう堪忍袋の緒が切れて引き取りの話をしたそうです。
そうしたら病院側に今後の治療費の全額を支払えば猫を引き渡すと言われ、その通りに金額を支払い昨日しょうちゃんを引き取ってきたとのことです。

今後かかるであろう治療費の全額請求・・・とは本当に無茶苦茶ですが、早くその病院と縁を切りたかったのでその通りにしたそうです。いつも仕事中に通る大きな動物病院でしたが、話を聞いて驚きでした!

話は戻りますが、飼い主さんはその足で「しょうちゃん」をかかりつけの動物病院へ連れて行ったら「しょうちゃん」は足が壊死しており浸出液でびしょびしょだったそうです。
しかもかかりつけ医の診断は、A動物病院の治療方法とは全く違い、A動物病院の手術は失敗で、ボルト固定手術で神経を傷つけている為、片足の根元からの切断が必要との診断だったようです。

そう言えば、うちの大きな亀が病気になった時も、猫が通っていた病院の紹介では虫類に詳しい2つ隣の市の病院で治療してもらい完治したことがあったので、病院選びは大切だと思いました。

02syou2.jpg

しょうちゃんは暑いときはこの場所で良く涼んでいました。

02syou.jpg

また、庭の小石で一人遊びする姿も良く見かけてました。

02syou3.jpg

飼い主さんは、「3本足になるけど補助具を付けてまたいつも通り遊びに行くと思う」「その時はまた撫でてやってちょうだいね」と話していました。

しょうちゃんは障害を持つことになりますが、とにかく命に別状はなく良い飼い主さんにの元で生活できるので本当に良かったです。

やはり半外猫には事故や感染症はつきものですが、それはそうとして早く回復し、また元気な姿で会える日を楽しみにしています。
nice!(53)  コメント(12) 

2020 雪が降らず・・・ [猫]

今年は例年にない暖冬で、冬という感じがしません。
今日も春のような陽気でついつい足が釣り場に向いてしまいそうですが、雑多なことが多く釣りは来月に持ち越しです。

そんな時に釣りの神様「しょうちゃん」が陽気に誘われて昨日遊びに来ました(^^)
昨日、自宅の灯油タンクで作業しようと玄関ドアを開けると・・・

2001192.jpg

外で待ち構えていました。この後はいつもと変わらず定位置でゴロゴロです。ちょっと作業があったので、短時間ブラッシングをしましたが、足りなかったのか自分で毛繕いを始めました。

200119.jpg

この姿を見ながら庭で作業してましたが、猫は自由で良いですね~。
餌を食べさせているわけでもないのに、この猫だけは不思議に近寄ってきます。猫の習性は謎ですが、「しょうちゃん」の存在は自分にとってかなり大きいです。

しょうちゃんに限らず、今年は雪が全く無いので猫たちの姿をたくさん見ることが出来るのも楽しみの一つです。うちの庭には新たにノラの子猫が2匹遊びに来てますが、警戒心が強く、近寄るとすぐに逃げてしまいます。以前にも書きましたが、うちの町内には猫嫌いの役員さんがいるので、この猫たちが無事に育ってくれるのを願うばかりです。

・・・と記事を書いて夕食を食べてる時に、しょうちゃんが今日事故にあったという事を聞きました。下半身が冷たくなっている状態で家の玄関で発見され、飼い主さんがすぐに病院へ連れて行くと骨盤が外れていて即入院となったとの事です。
その状態では自力で帰って来れるはずがないと飼い主さんは話していました。状況からして何となく想像は付くのですが、深い詮索は止めてとにかく「しょうちゃん」の無事を祈るばかりです。
nice!(62)  コメント(14) 

慌ただしい年末年始も過ぎ・・・ [ひとりごと]

2020年になりもう2週間が過ぎました。とてつもなく早く感じます。
年末には釣りの締めくくりとしてアマゾンでポチッとやってしまいました。

20134.jpg

穴釣り用の左巻ベイトリールです。中華製なのでグリスアップしてないと思い届いた日にバラしてみたら、今回はキチンとグリスが塗ってあったのでしばらくは使えそうです。初根魚釣りが楽しみです。

などと考えていたらその数日後に身内から救急病院にすぐに来てほしいと電話がありました。行って状況を聞いてみるとレントゲンやCTを撮る前でしたが、どうも大腿骨骨折の可能性が高い(^_^;)

結果、やはりそうでした。すぐに入院の手続きをしましたが、年末年始でもあり手術は正月明けという事になりました。高齢でもあり、出来るだけ手術は早いほうが良いのですが、こればかりは仕方がありません。高齢者は寝てばかりいると筋力が低下して歩行困難になるので心配でしたが、正月明けに手術が行われ、リハビリ次第では器具を使った歩行も可能そうなので、とりあえず一安心です。

でも、今年は元旦は予定も無かったのでお見舞い後に昼から少し飲めるかな・・・などと思っていましたが正月からの急なプチ出勤などがあり初詣に行く時間もありませんでした。そんなわけで元旦にテレビで竜神池からの「富士山初日の出」生中継をしていたので、そこのおみくじで済ませました。

20131.jpg

テレビ画像をスマホで撮影するとおみくじが写るというものでしたが、大吉でした!
だから何だと言う感じでしたが取りあえずホッとしました(^^)

今日はやっと今年初の丸一日ゆっくり過ごせる日だったので遅めに起きて病院へ行ってきましたが、病室は最上階なので眺めも最高です。

20132.jpg

本来であれば1月は雪が積もっている季節ですが、今年は暖冬で雪もなく景色もこの通り。快適な冬ですが除雪などの業者さんには困った季節ですね・・・。
nice!(56)  コメント(15) 

2020 初夢 [ひとりごと]

皆様、良いお正月をお迎えのことと思います。

いつも初夢は見るのですが、たわいのないものですぐに忘れてしまいます。
しかし今年は劇的な夢でした。

玄関を開けると青い白鳥ほどの大きさの鳥がいて家に入ってきました。驚いて鳥を抑えて外に出すと向かいの家にいた猫がその鳥を追いかけています。イメージとして鳥はこんな感じです。

yume2020.jpg

そこで写真を撮ろうと家にスマホを取りに行くと、もう鳥も猫も姿を消していました。
これが第一の夢です。
同じ日の夜にもう2本の夢を見たのですが、2番目は夕日か朝日を見ていると、猫の顔?をした人間型の二足歩行の青い生物が前を通り、何だろうと思っているとそこに「新幹線こまち」が通り、その物体がいなくなったという感じです。

3番目の夢は、台所にボールが有り魚と餌が入っていました。いつ釣ったのか記憶が無いものでしたが、水は真水で魚と餌のイソメは生きています。餌は使えるので冷蔵庫で保存しようと思い、魚は逃がす事にしました。

その魚はフグのようでしたが、片方だけにカジカのようなフグ色の鰭があります。真水で生きているので近くの用水路?に放すと、魚は急に白くなり、しかも小さく固まってしまったので、これはまずいと思いすぐに引き上げました。すると魚は白く小さいままでしたが取りあえず動き出し、良かったと思ったところで目が覚めた次第です。

正月そうそう変な夢でしたが、いつもより飲んだのでおかしな夢を見たのでしょうか・・・?
あまりにも変な夢だったので取りあえず忘れないうちに書いてみました。
nice!(63)  コメント(14) 

新年明けましておめでとうございます [ひとりごと]

r2.jpg

あけましておめでとうございます。

旧年中は当ブログにご訪問頂き、ありがとうございました。  

本年も宜しくお願い致します。

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。
nice!(51) 

2019.12.17 竿納め(多分)は納得の釣果でした [釣り]

今日は完全な休みでしたが、以前の予報では午前中から雨との事で半分諦めていました。しかし予報もやや変わり午前中は釣りが出来る状態でした。

竿納めは去年はハタハタでしたが、今年は思いの外早くハタハタの群れが遠ざかってしまったとの情報で、今年は根魚にすることにしました。たまたま師匠とも予定が合うようだったので現地集合としましたが、前日師匠より「ここでは前日にハタハタも釣れてましたよ」というLINEに触発され、少し早めに出発して、まづめ前にハタハタも狙うことにしました。

現地に着くとお一人の方がハタハタ釣りをしていましたが、来てから10分程で5匹釣れたとのことでした。自分も仕掛けを投入するとすぐに1匹釣れましたが、やはり終盤なので後が続きません。
その合間に隣の釣り人と話をしていましたが、居住地を訪ねると〇〇から来たとの事です。そこには同級生が住んでいるので聞いてみるとよく知っているとのことでした。

しかし自分の同級生は、その釣り人の父親と同年代との事でした。ここで、自分も歳を取ったんだな~とあらためて実感です・・・。

その釣り人は十数匹釣ったところで「さびぐなったがら帰るす」(寒くなって来たから帰ります)との事で撤収しました。
しかし、自分はこれから本命の根魚釣りがあるので、ハタハタ仕掛けを片付けて根魚釣りへシフトです。

ハタハタはこの時点で結構釣れてもう少し粘ると結構な数が釣れたかと思われます。

191217turi.jpg

この頃丁度師匠から連絡が入り到着したとのことでした。いつもの場所で待ち合わせて釣り始めましたがなかなかアタリがありません。
そこで今回は狙う場所を変えて見ようと言う事になり違った場所へ移りました。

19117turi2.jpg

師匠は早速探り当て良型を釣り上げていました。自分もテトラの穴を見つけて真剣に?探っていきました。探っているとグッとアタリがあり、やっとムラソイゲット!
次に別の場所でまた当たりがあり引き上げているとラインが擦れて今度は痛恨のバラしです(>_<)
しかし、気を取り直してまた近くの場所を探っているとまた同じようなアタリがあり、今度は「釣り上げることが出来ました。

191217turi20.jpg

しかし、釣り上げたムラソイはさっきバラした魚で笑ってしまいました。その証拠に前の針ががっちりと刺さっていました。黒い編み糸を使っていたので間違いありません。逃がした魚が釣れると得した気分で嬉しいですね(^_^)v

しかし、後ろを振り返ると・・・

19117turi5.jpg

テトラの山です。ここを渡り歩いて穴を探って行くのですが、このような釣りをする場合は原則的に複数で行き、ライフジャケットやスパイクブーツは必需品です。まるでフィールドアスレチックのようで、本当に良い運動になります。

こんな感じで釣り歩いていましたがなかなかビッグサイズが釣れません。そこでちょっと上に上がって探っていると今日一番のアタリに遭遇です。

19117turi6.jpg

尺には及びませんが刺身サイズの立派なサイズでテンションも上がります!

師匠には及びませんが、この後もいくらか釣果を伸ばし納得のいく竿納めとなりました。

さて、今日の釣果は、

19117turi8.jpg

ハタハタが15匹、根魚(クロソイ・ムラソイ・クジメ)が20数匹でした。

帰ってから、魚の下処理をして実家にムラソイを少しお裾分けに行くと親父に「ハダハダ釣れねがったんだが?」(ハタハタは釣れなかったの?)と聞かれたので「少し釣れた」と話すと「食いてな」とぼそっと呟きました。

その時につい、「アブラコも食う?」(クジメも食べる?)と聞いてしまうと「んだな~」(そうだな~)と話すので下処理した魚を全部持って来ることにしました。

19117turi9.jpg

ハタハタは唐揚げ、クジメは煮付けにする予定で下処理をしてましたが、まあ仕方がないでしょう。美味しく食べてもらうことが嬉しいですからね(^^;)

しかし、大型のソイは明日にでも刺身と酒蒸しで一杯やる予定で冷蔵庫で寝てるので、ちょっと余裕です(^_^)v

まあ、こんな感じで今年の竿納めは無事に終了しましたが、来年も健康で釣りを楽しみたいと思っています。
nice!(65)  コメント(22)